愛知県春日井市下原町字村東2090番地
TEL)0568-85-0077
FAX)0568-85-8020
あさひ病院HPサイトマップ あさひ病院トップページ
医療法人 三仁会
あさひ病院
リハビリ科のご案内
三仁会グループ
 
■リハビリ科の特色 >理学療法部門 >作業療法部門 >言語聴覚療法部門 >回復期 >生活習慣病サポートチーム 

 リハビリテーション科の特色                             
当院では常勤リハビリテーション専門医の指導のもとに、特色あるリハビリテーションを提供しています。
   
整形外科疾患の手術後の急性期リハビリテーション
専門外来と連携しながら、肩、脊柱、股・膝関節、スポーツ傷害、手の外科などに対して、より専門的な内容のリハビリテーションを行っています。

回復期リハビリテーション
転倒による骨折や脳卒中などによる片麻痺、失語症などの高次脳機能障害、嚥下障害などを対象として、365日リハビリテーション体制で行っています。
生きていく上での人間の尊厳を第一に考え、起きる・歩くなどの基本動作、食事や排泄など日常生活活動の自立を目指して、多職種によるチームアプローチで関わります。

通所リハビリテーション
   要介護又は要支援の介護認定を受けられた方を対象に、心身機能の維持・回復を図り、日常生活の自立を助けるためのリハビリテーションを行っています。

生活習慣病サポートチーム
   糖尿病や肥満などの生活習慣病に伴う整形外科疾患(主に変形性膝および股関節症)に対 して積極的な運動療法、栄養指導を行い、減量による疼痛の緩和、血糖値などの改善、筋  力・体力増強などを通して日常生活の質の向上に取り組んでいます。

装具療法(足底板、手のスプリント作製)
 義肢装具士、理学療法士、作業療法士により院内で実施されています。

 対象疾患
  整形外科疾患、中枢神経系疾患を主な対象としております。

整形外科疾患 : 五十肩や腱板損傷などの肩関節疾患、腰椎椎間板ヘルニアや
           脊柱管狭窄症などの脊椎疾患、膝の靭帯損傷、半月板損傷、
           変形性関節症、大腿骨頸部骨折など

中枢神経系疾患 : 脳卒中(脳梗塞、脳出血)、パーキンソン病、神経難病、脊髄損傷など

その他、生活習慣病予防にも力を入れております。
 
 施設とスタッフの紹介
リハビリテーション科は、470m²の理学療法室と、100m²の作業療法室、言語療法室3室を有し、
脳血管疾患等リハビリテーション施設認定(Ⅰ)(総合リハビリテーション施設)
運動器リハビリテーション施設認定(Ⅰ)、
呼吸器リハビリテーション施設認定(Ⅰ)
を受けています。
病院の2階に位置し、全面ガラス張りの窓から
「日本の都市公園100選」として知られる落合公園をのぞみ、桜や新緑など四季折々の景色を楽しみながらリハビリテーションが出来ます。
2階リハビリ室から見る桜
スタッフ数はリハビリテーション専門医2名、理学療法士20名、
作業療法士13名、言語聴覚士3名、義肢装具士1名です。

理学療法室には一般的な機器のほか、筋力トレーニングマシン一式が備えられていて、スポーツ選手から高齢者の方まで、毎日多くの患者様がトレーニングに励んでいます。
作業療法室には、浴槽や便座の高さ、手すりの高さや位置が自由に調節可能なADLシミュレーターも設備されており、病院に入院しながら患者様の自宅を想定した日常生活活動の練習が可能です。
言語療法室は全て個室であり、1対1のリハビリテーションが行えるようになっております。
また義肢装具室も併設されており、グラインダー、オーブン、ミシンなどが設置してあることで簡単な装具の修理、微調整が、その場で可能です。

 
理学療法室1   理学療法室2  
 
 理学療法室3     作業療法室 
   
 言語療法室    義肢装具室
Copyright(C) 2006 あさひ病院 All Rights Reserved.