愛知県春日井市下原町字村東2090番地
TEL)0568−85−0077
FAX)0568−85−8020
あさひ病院HPサイトマップ あさひ病院トップページ
医療法人 三仁会
あさひ病院
整形外科 専門外来のご案内
三仁会グループ

 脊椎外科
脊椎・脊髄疾患について
人体には体を支える背骨(脊椎)があります。
通常は頚椎(首の骨)は7コ、胸椎(背中の骨)は
12コ、腰椎(腰骨)は5コあり、これらが靭帯や椎間板(骨の間のクッション)といった組織で結合して、体を動かすことができます。
また、背骨(脊椎)の中を骨のトンネル(脊柱管)があり、そこに脊髄(神経)が通っています。
脊椎・脊髄疾患はこうした部位の生活習慣、
老化、遺伝など様々な原因で障害をおこし、
症状がでます。
症状としては、痛み、手腕のしびれ、坐骨神経痛、麻痺など障害される部位によって様々です。
脊椎外科の紹介
当院脊椎外科では下記のような症状、疾患を持った方を対象とし、治療を行っています。
 頚椎(首の骨)からの疾患
骨の変形や椎間板の変性、稀に骨同士を繋いでいる靭帯の骨化などで
脊髄(神経)を圧迫します。
<症状> 頚椎症(首の痛み、肩こりなど)
神経根症(首肩から腕、指への痛み、痺れなど)
頚髄症(手足の運動麻痺、歩行障害など)
<疾患> 頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症・脊髄症、
頚椎後縦靭帯骨化症、頚肩腕症候群、胸郭出口症候群、脊髄腫瘍など
 胸椎(背中の骨)からの疾患
胸椎部での脊髄神経の圧迫は解剖学的に安定している為、比較的稀な病態です。
しかしながら、脊髄症として、体・下肢の痛み、しびれ、歩行障害、排尿障害などが  あります。神経内科の疾患との鑑別が難しいこともあります。
<疾患> 胸椎椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、脊髄腫瘍など
 腰椎(腰の骨)からの疾患
脊椎疾患の中で最も多いのが、腰椎部の病変です。
思春期の疲労骨折、骨、椎間板、骨を支えている支持組織(靭帯、筋肉)の老化、 変性が原因と考えられます
<症状> 腰痛、坐骨神経痛(足の痛み、しびれ)、麻痺(筋力の低下、排尿障害)、
間欠的跛行(歩くと足の痛み、痺れが強くなり、座っていると軽快する)など
<疾患> 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、側弯症、
腰椎すべり症(分離すべり症)、脊椎炎、脊椎・脊髄腫瘍など
 その他の疾患
 ◆骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折
      背中、腰の骨が弱くなっている為に骨が潰れてしまう骨折(圧迫骨折)です。
<症状> 急性期は背中、腰にかけての激しい痛みで寝たきりの原因となります。
さらに骨が潰れると、体を動かす時の痛み、潰れた骨が脊髄を圧迫して
足の痛み、しびれ、麻痺をおこします。

脊椎外科における診療の流れ
 医師の診察 問診・身体的検査
   原因の疾患をおおよそ推測します
 画像検査(レントゲン写真、CT、MRIなど)
   原因の疾患を同定し、治療方針を決めます
 疾患に基づいた治療法(保存的治療)を実施
   ◆安静(生活指導)
   ◆薬物療法(抗炎症薬、筋弛緩薬、ビタミン剤など)
   ◆理学療法(温熱、電気、超音波療法及び筋力強化など)
   ◆装具療法(コルセットなど)
   ◆ブロック療法(硬膜外、神経根、椎間板ブロックなど)
 手術療法
   ◆頚椎前方固定術、椎弓形成術、椎間孔拡大術
   ◆顕微鏡下ヘルニア摘出術、開窓術        
   ◆脊椎固定術                     
   ◆経皮的椎体形成術       など
脊椎外科における手術療法について
 頚椎に対する手術
◆頚椎椎間板ヘルニアに対する前方固定術
 頚部から約5cm程度切開し、前方より椎体及び椎間板を切除して、圧迫している
 ヘルニアを摘出します。
 次いで削った椎体部に骨(腸骨)を移植します。
 入院は2週間程度で、頚椎カラーで1〜2か月間固定します。
◆頚椎症性脊髄症に対する椎弓形成術(脊柱管拡大術)
 頚部を後方より約10cm程切開し、椎弓に一方に溝をほり、もう一方を切離し扉を
 開くように、脊髄の圧迫を取り除きます。
 開いた椎弓にスぺーサー(ハイドロキシアパタイト)を挿入します。
 入院は2週間程度で、固定装具は不要です。
▲手術前レントゲン写真 ▲手術後レントゲン写真
 腰椎に対する手術
◆腰椎椎間板ヘルニアに対する顕微鏡下ヘルニア摘出術
 約3cmの皮膚切開で、顕微鏡から得られる立体的視野で確実にヘルニアを摘出し、
 脊髄(神経)の圧迫を取り除きます。摘出翌日から歩行は可能です。
 入院期間は5〜7日間程度で、コルセットは基本的に不要です。
▲手術前MRI ▲手術後MRI
◆腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲顕微鏡下開窓術
 約5cmの切開(1か所)にて、圧迫している骨、靭帯を取り除きます。
 背中の筋肉を温存する方法を行っている為、従来の手術より術後の痛み、筋肉の
 ダメージを軽減できます。
 入院期間は1週間程度で、コルセットは基本的に不要です。
◆腰椎すべり症などに対する脊椎固定術
 約10cm(1か所)の皮膚切開の後、脊髄を圧迫している骨を削り、不安定となって
 いる椎体同士をスクリュウと削った骨を移植して固定します。
 入院期間は2〜3週間程度で、コルセットを2か月程度使用します。
▲手術の模型図 ▲手術後のレントゲン写真
 骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折に対する手術
◆経皮的バルーン椎体形成術について
 
バルーン カイフォプラスティ(BKP)は1990年代にアメリカで開発された脊椎圧迫骨折に対する新しい治療法です。
この治療法は、世界で80万件以上の脊椎圧迫骨折に対して行われています。
日本でも治験を行い、その安全性と有効性が確認され、2010年2月に厚生労働省の承認を得ました。また、2011年1月より保険適応が認められています。
 ■期待される効果

 ・痛みの早期軽減
・生活の質(QOL)の向上
・つぶれた骨を骨折前の形に近づける
 
▲脊椎圧迫によってつぶれてしまった骨
 ■手術の特徴 

・手術は短時間(通常、約1時間以内)
・傷口は1cm程度(背中側に2箇所)
・長期間入院の必要がない
 ■手術の方法 

手術は全身麻酔をして行ないます。
ベッドにうつぶせに寝た状態で
バルーン(風船)状の手術器具や
医療用の充填剤(骨セメント)を用い、
レントゲンの透視装置にて骨の状態を
確認しながら手術を行います。
   
 ■手術の対象となる方 

骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折の患者さんであり、なおかつ、十分な保存的治療によっても背中の痛みが改善されない方が対象になります。
ただし、骨折した骨の数や形、全身の健康状態等によっては、対象とならない患者さんもおられます。
 ■手術に伴うリスク
この手術は専門のトレーニングを受けた医師が手術を行いますが、他の手術と同様、患者さんの状態により手術を受けることによる一般的なリスクや、骨セメントを使用することにより発生するリスクなどがあります。
詳しくは医師までご相談ください。
脊椎外科における手術件数についてはこちら
リハビリテーション
  ■脊椎疾患に対するリハビリテーション科の基本的治療方針
◎当院では患者さんの病期・病態に合わせ、 患部に無理な負担を かけないよう
  リハビリテーションを進めていきます
◎脊椎疾患は、全身の協調性が必要となります。
  当院では その点 に着目し、脊柱疾患のリハビリテーションを行います
◎患部に負担がかからないような生活指導をおこないます
  ■脊椎疾患に対する代表的なリハビリメニュー
 ◆日常生活動作指導
 腰部など脊椎に負担のかからない
 動作練習を指導します。
▲荷物の持ち方指導
 ◆運動療法
 腹筋、背筋、下肢の筋肉に対し、
 筋力強化やストレッチを行います。
 運動メニューは、個々に適した
 強度・方法にて作成します。
▲腹筋トレーニング
 ◆手術後のリハビリ
 手術後、1〜2日後より医師や看護師と協力しながら痛みのない範囲で
 歩行指導、日常生活動作指導を進めていきます。
 患者さんの状態に応じて外来リハビリもおこなっています。
▲座位での背筋トレーニング ▲歩行器での歩行指導 ▲整容動作指導
Copyright(C) 2006 あさひ病院 All Rights Reserved.