愛知県春日井市下原町字村東2090番地
TEL)0568−85−0077
FAX)0568−85−8020
あさひ病院HPサイトマップ あさひ病院トップページ
医療法人 三仁会
あさひ病院
整形外科 専門外来のご案内
三仁会グループ
 リウマチ科
■当院で行っている関節リウマチに対する治療
当院では、リウマチに対して、内科的治療(薬物療法)、整形外科的治療(手術療法)、
リハビリテーションを総合的にを行うことにより治療していきます。
内科的治療(薬物療法)
内科的治療にはリウマチの治療薬を用います。

リウマチの治療薬は、大きく分けると抗炎症剤と
抗リウマチ薬(DMARDS)に分けられます。

抗炎症剤は炎症を抑えて痛みを和らげる作用を持つ
お薬です。
非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDS)とステロイド剤と呼ばれている2種類があります。

抗リウマチ薬は病気の原因に深く関係のある免疫の異常を正常にして
病気の進行を抑える薬です。
これらも免疫調節薬と免疫抑制薬の2種類があります。

当院では、関節リウマチに対して早期からメトトレキセート(リウマトレックス、メトレート)
を主体とした抗リウマチ薬療法を積極的に行っております。
 ▼生物学的製剤による治療法

最近のリウマチの治療法として、従来の抗リウマチ薬に対して
生物学的製剤(レミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシア、シンポニー、
ジムジア) という注射剤があります。 
これらの薬は従来の薬とは異なり、薬の効き目が早く現れ、
関節破壊進行を抑えることができると言われています。
しかし、感染症の発現の危険性が高まるため、
導入の際には詳細な検査と診察が必要になります。

当院では従来の薬剤が無効な患者様に対して、
安全性を確保しながらこの治療法を取り入れています。

整形外科的治療(手術療法)
手術療法は、適切な薬物療法やリハビリテーションを行っても痛みが減らない場合や、
関節障害のために歩行が困難など、日常生活に支障が出る場合に行います。
 当院では次のような手術を行っています。
人工関節置換術 (股関節、肘関節、肘関節)
滑膜切除術     (主として指関節、肘関節、膝関節)
関節固定術     (主として指関節、足関節)
骨切除関節形成術 (前足部・いわゆるクレイトン手術)
腱形成術        (手・指の腱断裂)
リハビリテーション
リハビリテーションには、主に物理療法や運動療法があります。

物理療法は、主に温熱・寒冷・電気・光・水などを利用し、
痛みを和らげたり、関節の動きを良くするために用います。

運動療法には、可動域訓練、筋力増強訓練、起立歩行訓練、起床動作訓練、
日常生活活動訓練などがあり、理学療法士、作業療法士などの専門スタッフが
しっかり評価を行ってから実施します。

その他に関節を保護するための動きの指導、
日常患者様に行っていただくリウマチ体操の指導、
必要な患者様には装具、靴、スプリント作成なども行います。
 


Copyright(C) 2006 あさひ病院 All Rights Reserved.