愛知県春日井市下原町字村東2090番地
TEL)0568−85−0077
FAX)0568−85−8020
あさひ病院HPサイトマップ あさひ病院トップページ
医療法人 三仁会
あさひ病院
整形外科 専門外来のご案内
三仁会グループ
 膝・股関節外科(人工関節外科)

なぜ治療をしなければならないのでしょうか?
股関節や膝関節など下肢の関節の障害は、高齢社会では増えつつあります。
足の病気は「歩くこと」と直結するため、日常生活活動やQOL(生きがい)の低下を来たします。
このため、全身の活動性が低下し、肥満や生活習慣病の原因ともなります。
また、歩くことや荷重により病状は進行するため、
長期にわたって病気と向かい合う必要があります。

どんな治療法があるのでしょうか?
関節の病気はその状態(初期、進行期、末期など)により、治療の仕方が異なります。
早い時期では関節の機能を温存するための骨切り術などが可能ですが、
病気が進行した段階では人工関節手術が痛みや可動域の改善には有効です。
また、年令により治療方法も異なります。いずれにしても下肢の関節疾患では、
@リハビリテーション、A洋式の生活、B減量、C杖の使用 などが必要です。
専門外来では病態(病状)や年令、生活状況、職業などを
専門的な知識や経験を基に総合的に判断し、治療法の選択を行っています。
さらに、痛みや病気の進行を止めることや術後の回復などには
リハビリテーションは極めて重要で、治療とリハビリテーションは車の両輪となっています。

当院の特徴は?
当院では、高度な整形外科治療とリハビリテーション専門病院の設備と人材を生かして、
外来の段階から生活に密着したリハビリテーション指導を行っています。
股関節では先天的な臼蓋形成不全や脱臼に起因する変形性股関節症や大腿骨頭壊死、
外傷後や小児期の病気による変形性股関節症が多くを占めています。
病気の進行度や年令により、寛骨臼回転骨切り術、大腿骨内反・外反骨切り術、
人工股関節手術などの最先端の手術を行っています。
膝では内反膝(がに股)を示す女性の変形性関節症が多く、
特発性の大腿骨内顆骨壊死も見られます。
いずれも、病気の進行度により、関節鏡を併用した高位脛骨骨切術や
骨・軟骨移植(モザイク骨・軟骨移植)や片側人工膝関節置換、
人工膝関節置換手術などの先端の医療を行っています。

私たちの考え方
関節の病気はテレビや自動車などと同様に機械が壊れてくる病気ですが、
テレビのように買い換えたり、見ない(使わない)ようにする事はできません。
修理をするか大事に使うしかありません。
大事に使うためには、外来で行う生活指導や運動指導、装具、杖の使用などは重要です。
これらの方法で改善しないときは手術(修理)をすることになります。
手術は誰もしたいわけではありませんが、現在の医学の力では、
ある程度壊れた機械は修理するしかありません。
したがって、術前からのリハビリテーションを含めた運動や生活上の注意は大切です。
さらに、術後の自己管理も修理した機械を長く使うためにはもっと重要です。
専門外来では、「手術は治療のごく一部である」という考えと、
「病気になったことをプラスにできるように」という考えの基に、
治療方針を立て、スタッフが協力して治療効果を挙げるように心がけています。

股・膝関節専門外来における診療の流れ
 担当医師の診察 問診・検査(レントゲン.MRIなど)
 医師が治療方針を立案
 保存療法


 注射・理学療法(リハビリテーション)
膝への関節注射
 手術療法
▲手術前 ▲手術後
変形性膝関節症に対する全人工膝関節形成術
▲手術前 ▲手術後
変形性膝関節症に対する脛骨高位骨切術
▲手術前 ▲手術後
変形性股関節症に対する全人工股関節形成術
▲手術前 ▲手術後
変形性股関節症に対する寛骨臼骨盤回転骨切術
膝・股関節外科における手術件数についてはこちら
リハビリテーション
■股関節・膝関節疾患に対する代表的な治療法(理学療法)
 関節可動域運動
 動きにくくなった股・膝関節を、痛みや病態に応 じて愛護的に動かしていきます。
 変形性股関節症、股関節手術後の方に行う関節可動域運動
▲股関節屈曲 ▲股関節外転 ▲股関節伸展 ▲大腿前部の筋のストレッチ
 変形性膝関節症、膝関節手術後の方に行う関節可動域運動
▲膝関節屈曲 ▲膝関節伸展 ▲キャスターチェアーを用いた
  膝の自動屈伸運動
▲自転車エルゴメーターを用いた
膝の運動と全身持久力向上運動
 筋力増強訓練
 それぞれの状態に応じた強度、方法を用いて行います。
 股・膝関節周囲筋に対する筋力増強運動
▲股関節外転筋 ▲股関節伸展筋 ▲膝伸展筋
 筋力トレーニングマシンを用いた筋力増強運動
▲股関節外転筋・内転筋 ▲下肢で押す筋肉の運動 ▲腕を引く筋肉の運動 ▲腹筋運動
その他、自宅にて行える自主運動メニューの作成、指導も行なっていきます。
■手術前後のリハビリ
 手術前のリハビリ
手術後のリハビリがスムーズに進むように、代表的な治療法(理学療法)のところで
述べた項目に加えて、右記写真のような
術前運動、練習を行っていきます。

※人工股関節に関しては、脱臼防止肢位の
  指導もあらかじめ行います。
▲車椅子移乗・駆動練習 ▲杖歩行練習
 手術後のリハビリ
 手術後翌日より、医師や看護師と協力しながら、関節可動域運動、筋力増強運動、
 起居動作練習、歩行練習、日常生活活動練習などを進めていきます。
▲人工股関節術後両松葉杖
歩行練習の様子
▲人工膝関節手術後階段昇降 練習の様子
▲CPMという機械を用いた
持続的関節可動域運動
▲病棟での車椅子移乗練習
病棟でのスリングを用いた自分で行う関節可動域運動

Copyright(C) 2006 あさひ病院 All Rights Reserved.